TS Sniperの出力エラー「Unable to to read next transport packet - End of file reached.」の対処方法について

録画したテレビ番組の編集にTS Sniperを使っているのですが、
ある時カット編集したTSファイルを出力しようとしたら以下のエラーが表示されました。

Unable to to read next transport packet - End of file reached.

f:id:katakusu1714:20170715141810p:plain

エラーが出るTSファイルと出ないファイルがあるようで、
原因がよく分かりませんでした。


色々調べた結果、対処方法らしきものを発見したので、
以下に記載しておきます。

対処法

要点だけ言うと、
今までと同じようにTSファイルをTS Sniperで編集するのではなく、
TSファイルを一旦tsMuxeRというソフトに通してからTS Sniperで編集するというものです。

tsMuxeRのダウンロードや説明は以下のリンクより
www.gigafree.net

tsMuxeRをダウンロードインストールしたら、以下の手順どおりに編集します。

実行手順

1. tsMuxeRを起動する

2. tsMuxeRにTSファイルをドラッグドロップ

色々設定できるみたいですが、確認するのはInputタブのみで大丈夫です。

Input filesにドラッグドロップしたファイルが設定されてて、
Tracksで全部(動画、音声)にチェックが入ってて、
OutputがTS muxingに設定されていることを確認します。

OutputのFile nameから出力先や出力名を変更できます。

3. [Start muxing]で出力する

4. 出力したTSファイルをTS Sniperで編集して書き出す


今のところ上記の方法でエラーは出なくなりました。

6月まとめ

6月にやったことをまとめてみる

一番内容濃かったと思ったのはSwiftの勉強だった。
実機でテストできるって知ってから一気にモチベ上がった。
ちなみに、手持ちのiPhoneは5無印という骨董品だけど。

Swift勉強する上できつかったのは、過去のバージョンとの互換性があまりない。
ナレッジを調べても出てくるコードはObjective-C、swift1、swift2……

AppleはまたSwift4出すようだけど、もうやめてくれと……

とりあえず編集してみる

前回の更新が2月末で今はもう5月末。
どんだけ経ってんだって話だよ、本当に。
それでもメモ帳代わりに書くなら、テキストファイルよりもブログでいいかと思ってダラダラと書きます。

前回の更新からなんかいろいろやってたなぁと。

脈絡もなく書いたけどこんな感じかな。

また新しくやりたいこと見つかったら、メモ代わりに書いていこうと思う。
やっぱり記録を残したり、書き出すって大切だな。

Docker導入

気になっていたDockerを導入していろいろ触ってみる。

まずは、vagrantubuntu構築してDockerを入れる。

  1. Ubuntu構築

Vagrant を使用して仮想マシンを作成してみる - Qiita
基本このページ参照してインストール

  1. Ubuntu更新

[Ubuntu] apt-get まとめ - Qiita
以下のコマンドで更新
・sudo apt-get update
・sudo apt-get upgrade
・sudo apt-get dost-upgrade

  1. Dockerインストール

Get Docker for Ubuntu - Docker
docker公式の手順に従ってインストール

やりたいことリスト

PDCAのPに当たる?
何となくやろうとしていることを羅列してみる。

2月ももう終わりに近づいてるけど、
2月末に確認できればいいかな。

ゲーム

プログラムとか

  • 実況ログ取得
  • MMDSim
  • Docker触る

以上!

ブログの方針的な何か、決意表明?

だいぶ更新サボっちゃったけど、今日からまた再開します。
とりあえず、IT系の勉強で何やったかくらいは書いていきたいなぁと思います。

【Mac】MacBook 初期設定まとめ

先日、MacBook Pro 13 Retina を購入したので、その設定内容をメモっておきます。


1. Kanabinder のインストール、設定

手順は下記のリンク先を参考にしました。

sbapp.net


2. 開発環境構築

下記リンク先を参考にやりました。

qiita.com

上記記事の方法でcaskをインストールする際にコマンドを実行するとエラーになります。
その時は以下の記事を参考にやったらできました。

qiita.com



3. その他

Homebrewとcaskを入れたので、他のソフトは必要になったらどっちかにインストールすればokです。
ちょっと経ったらLatex環境も作ろうかと思います。